フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

オススメリンク

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月31日 (火)

金魚カフェ - 代々木

ずっと行こうと思ったまま行けていなかった金魚カフェさんにようやく伺ってきました!
こちらのお店、開業までの道のりをホームページ内でも紹介されています。
お店の改装まで手作りでされたそうです。
お店はギャラリーとしても使用することができるようになっているので、
思い描いている見せとかなり近いはず!

代々木駅を降りて、一本奥の道に入り、さらに細い路地に入ったところにあります。
路地に入る曲がり角には看板が出ているので、さほど迷うこともないかと。

金魚カフェの案内看板
※路地の前にはメニューが書かれた看板が

金魚カフェの入り口は緑も多く、隠れ家の雰囲気が
※入り口は緑に覆われて、隠れ家っぽい雰囲気を醸しています

まずお店に入ると、その場で注文とお金を払ってしまうシステムになっていました。
水と、コーヒー、紅茶がセルフサービスで飲み放題です。

店内は、十数席くらいでしょうか?
そんなに広くありませんでした。
ギャラリーにもなるとのことだったので、もう少し広いだろうと想像していたので、
ちょっと意外でした。

この日も作品が壁一杯に貼られていました。
じつは僕、過去に知り合いのカフェで写真展をさせてもらったことがあるのですが、
ちょっと広めのお店だったので、壁を埋めるのにひと苦労、という記憶があります。
個人でやるのであればこのくらいの規模の店だとちょうどいいのかもしれません。
ただ、グループ展で、何人かでやろうと思うとちょっと狭いのかな?

入り口から作品が展示されています
※入り口方向です。左側の奥がキッチンです

奥のソファー席の壁にも作品が

作品をつるす針金は葉っぱのイミテーションで目隠し
※作品をつるす針金を隠すために、葉っぱのイミテーションを使われていました

ただ、料金は非常に良心的です。
僕が写真展をやろうかと思っていたとき、実は金魚カフェさんも検討していました。
オープニングパーティ20名分込みで一週間40,000円!
(パーティなしの場合は30,000円)
これなら1人でもがんばれば何とかなる料金です。
(パーティ代として1人1,000円出してもらえれば、自己負担は20,000円になります。
 それだけの人数は集めないといけないですけどね。)
かなり破格ですよね。

さて、この日いただいたのはナシゴレン。
スクールの実習が次回ナシゴレンだったので、
自分が作ったときと比べられるよう、事前に食べておこうと思って選びました。
現地でも食べたことがあったのですが、もう一度しっかり味わっておきたく。

こちらがそのナシゴレンです!

ナシゴレンはサラダ・スープ付きでコーヒーお替り自由

現地の屋台などで食べる独特のナンプラーやパクチーの臭いはあまりせず、
思っていたより辛味も抑えめでした。
日本人向けに辛味や臭いのするものはちょっと抑え目にされていたのでしょうか?
※スクールで作ったナシゴレンに関してはまた後日書きますね。

ようやく念願の金魚カフェさんにお伺いできたのですが、
まだまだギャラリーカフェというところにはあまり行けていないなぁ。
今後はもう少しギャラリーカフェを探して巡ってみたいと思います。

金魚カフェ - 代々木
http://www.kingyo-cafe.com/
http://r.gnavi.co.jp/a624400/
http://r.tabelog.com/tokyo/A1304/A130403/13001038/

※カフェオープンまでがんばれ!と応援いただける方は、ボタンをポチッとお願いします。
皆さんの応援でますますやる気がでてきます!

にほんブログ村 グルメブログ カフェへ
にほんブログ村

2011年5月29日 (日)

カフェ フランジパニ - 六本木

今回は六本木のカフェ フランジパニさんに行ってきました。

このお店、店内にはどーんと置かれたワーゲンバスが。
なんと、この中でも食事ができるとか。
テラス席に、ちょっと長いカウンター席、置くにはソファ席もあります。

カフェ フランジパニの店内の様子
※右奥に見えるのがワーゲンバスです

ロゴにもワーゲンバスが
※看板のロゴにもワーゲンバスが

ソファ席はこんな感じ
※ソファ席はこんな感じです

この日いただいたのは、3種のソース(デミグラス、梅あんかけ、カレー)
から選べるということで若鶏のチーズオムライスにしました。
ソースは梅あんかけソースです。

梅あんかけソースのオムライス
※さっぱりした味の梅あんかけソース

他のお客さんを見ていると多くの方が「アイスコルネット」を頼まれていました。
僕は注文しなかったので写真がないのですが…
アツアツの揚げパンにソフトクリームをのせたものです。
(ホームページに写真がありますので、ご覧ください!)

そして、いちばん注目すべきは、カフェラテでした。
後になって気づくのですが、非常に泡もきめ細かで、
ラテアートもすばらしいということです。

泡もきめ細やかなカフェラテ
※こちらがそのカフェラテ。泡がきめ細かくってなかなか消えません!

このあとにスクールの実習でカプチーノを入れる練習をするのですが、
こんなにうまく入れることはできませんでした。
本当に何回やっても、ミルクの白い部分を作るだけでもかなりの技術が必要です。
何気なく飲んでいた一杯ですが、あれ、実はすごかったんだ!と、
実習の日に気付くのでした。
スクールでのカプチーノ実習の様子は、後日書かせていただきます。

それにしても、普段お店の人たちがやっている
何気ない作業にも、かなりの訓練が必要なのだなと、
あらためて思い知らされました。

ただこの日は、そんなことにも気付かず、のんびりと過ごさせていただいたのでした。

カフェ フランジパニ - 六本木
http://www.hotpepper.jp/strJ000025603/
http://r.tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13012612/

※カフェオープンまでがんばれ!と応援いただける方は、ボタンをポチッとお願いします。
皆さんの応援でますますやる気がでてきます!

にほんブログ村 グルメブログ カフェへ
にほんブログ村

2011年5月27日 (金)

Farmer’s Market @ UNU に行ってみた

毎週末青山の国連大学前で実施されている、
Farmer’s Market(ファーマーズマーケット) @ UNU(国連大学前) に行ってきました。

最近こういったマーケット、マルシェが各所で開かれていますね。
産地から農家の方々などが採れたての野菜などを持ちこまれています。
生産者の方と直接お話ができるのも魅力です。

Farmer’s Market(ファーマーズマーケット) @ UNU(国連大学前) :新鮮野菜などがずらり

Farmer’s Market(ファーマーズマーケット) @ UNU(国連大学前) :生産者の方とも直接話ができます

今回は、来るべきの仕入れに向けて下見がてらです。
こういったマーケットに持ち込まれているものの多くは有機野菜なので、
ちょっと料金はお高めですね。

もし、店で野菜を出すとしたら、こういったオーガニック系のものを使うかどうか、
まだまだ悩んでいるところです。
どうしても価格を高めに設定しないと原価ばかりが跳ね上がりますからね。

おいしそうな野菜や果物がたくさんあったなかでも、気になったのはこちら。
お湯で割って飲むというフルーツのジャムでした。

お湯で飲むジャム:ラズベリーとパッションフルーツを購入

ずらりとジャムの瓶が並びます

ラベンダーのジャムで試飲させてもらったのですが、
甘すぎず、ほんのり広がる香りがなんともいえません!
ということで、ラズベリーとパッションフルーツの2瓶買うことにしました。
一瓶110グラムで500円、これで20杯程度飲めるということです。

農家さんと直接触れ合える機会というのは貴重ですね。
こういったあたらし発見や出会いを大切にし、
たくさんのつながりを生めればと思っています。

Farmer’s Market(ファーマーズマーケット) @ UNU(国連大学前)
http://www.farmersmarkets.jp/

※カフェオープンまでがんばれ!と応援いただける方は、ボタンをポチッとお願いします。
皆さんの応援でますますやる気がでてきます!

にほんブログ村 グルメブログ カフェへ
にほんブログ村

2011年5月26日 (木)

EMPORIO cafe dining(エンポリオ カフェ ダイニング) - 学芸大学

スクールの講義にこられていた先生が手がけられているお店が学芸大にあると聞き、
勉強のため訪れてきました。

店名の「EMPORIO」というのはイタリア語で「倉庫」という意味だそうです。
店舗コンセプトは「とある港町の倉庫」(少し違ってたらすみません…。)
そうすることで、様々な家具や雑貨が並んでいても
違和感が出ないようにとのことでした。
そして「倉庫」という名前の通り、店内にあるすべてのものは購入可能だとか!
座っているソファーや、椅子、テーブルなどすべて販売しているそうです。
これも「倉庫」という名前にあわせた工夫だといいます。
確かにお店に入るとすぐに雑貨を販売しているスペースがあったりと、
「倉庫」のイメージを醸し出しています。

EMPORIOのテラス席
※テラス席もありました

EMPORIOの入り口のドア。デザインがかわいい
※入り口のドア。デザインがカワイイです

EMPORIOの店内。雑貨の販売も
※店内に入るとすぐ雑貨の販売をするスペースが

1階席から2階席を見上げる
※2階もあり。テーブルチャージ50円かかかるそうですが、
 その理由は、ホームページのコンセプトページに詳しく説明があります。

また、食事も「とある港町」をコンセプトにしているので
様々な料理を出すようにしているとの話でした。
どのようなメニューを出すか、非常に悩むところですが、
こういったコンセプトの置き方で幅を広めるという方法もありますね。

実は私、退社するまで広告制作にかかわっていたので、
コンセプトの重要性というものはある程度理解しているつもりです。
コンセプトがぶれると迷った時に下す判断もぶれてしまうことがあります。
そうなると、どういうときにこのお店を使って欲しいのか、
お客様にどのように過ごして欲しいのかがわからなくなり、
店のかしこがチグハグになってしまう恐れがあると思います。
(たとえば、アジアン雑貨を使っているのに出てくる料理は洋食だとか。)
結果、人の集まらない店になってしまうという悪循環に陥るのでしょうね。

講義でも開店前にコンセプトを詰めることの重要性を説かれていましたが、
まさにその通り!
自分自身もこの辺はしっかり固めて、
こういうコンセプトだから、この立地、内装、メニューと
明確に伝えられるようにしたいと思っています。

さて、そんな観点でお店を見ていて個人的に2点疑問を書いておこうと思います。

・店名は「EMPORIO」ではなくストレートに「倉庫」とわかるものでも良かったのでは?
 →メニューにもコンセプトが書かれてあり、内装を見れば雰囲気はわかりますが…
  客はそこまでしっかり読んだり感じたりするものでしょうか?
  ストレートに伝えた方が、より世界観を理解し、共感を得られるのでは?
  (英語とか日本語にするとダサくなるかもしれませんが…そこは工夫で。)

・「ある港町」ということで特定の国(料理)に絞らないのは、
 ターゲット設定としては散漫になりがち?
 →これは飲食の世界では「多国籍料理」というジャンルがあるからいいのかな?

ちょっと生意気かもしれませんが、こんなことを感じました。
次回また講義でお会いすることがあれば、ストレートに聞いてみようと思います。

だいぶと長くなりましたが、この日いただいたのは、
デミグラスソースのオムライス、セットのドリンクはクプアスという果物のジュース。
クプアスなんて初めて知ったフルーツです。
甘酸っぱくすっきりした感じのお味でした。
また、オムライスは最初、特に押したいメニューというわけではなかったそうなのですが、
周囲にそういった店がないこともあり、メニューに追加したとおっしゃっていました。
季節のオムライスなど、力を入れられているようです。
オムライスって、ついついメニューにあればオーダーしてしまいませんか?

ランチのオムライスとクプアスジュース
※オムライスの奥の白っぽいドリンクがクプアスジュースです

実際にお店を作った方の話を聞いたうえで訪れてみるのは、
いろいろと考えさせられて勉強になりますね。
私の店のコンセプトは、5月中に第一弾をまとめたいと思っていたので、
そろそろ本格的に取り組まないと!

EMPORIO cafe dining(エンポリオ カフェ ダイニング) - 学芸大学
http://emporio.tv/index.html
http://r.tabelog.com/tokyo/A1317/A131702/13024758/
http://r.gnavi.co.jp/b286100/

※カフェオープンまでがんばれ!と応援いただける方は、ボタンをポチッとお願いします。
皆さんの応援でますますやる気がでてきます!

にほんブログ村 グルメブログ カフェへ
にほんブログ村

2011年5月25日 (水)

BAR DEL SOLE(バール・デルソーレ) - 中目黒

今回は中目黒のBAR DEL SOLE(バール・デルソーレ)です。
イタリアではかしこにあるというバール。
本場にもぜひ一度行って見たいと思いますが、まずは中目黒で。

こちらのお店、都内でも数店舗展開されている有名なお店なのですね。
店内はそこまで広くはありませんが、テラス席も数席あります。

バール・デルソーレのカウンター:エスプレッソマシーンは2口でした

バール・デルソーレのカウンター:本格的な雰囲気
※店内のカウンター。本格的な香りがします

ランチには、サラダ、ドリンクとジェラート付き。
この日いただいたのは、バール定食ランチ。
・豚ロースのソテー サルサチーズソース
・サーモンとホウレン草のバルサミコソース
の2品で、どちらかひとつをメインにし、量を多くすることができました。
厨房に2人シェフの方がいらっしゃったのですが、意味がわかりました。
料理は本格的!
その他には、パスタ、ピッツア、パニーノ&パスタというセットも。

バール定食
※バール定食は、肉と魚両方味わえてしまいます!

カフェマッキャートとジェラート
※ジェラートとカフェマッキャート。カフェマッキャートにはハートが

この日はあいにくの雨だったのですが、
雨にもかかわらず、客足は途絶えることはなかったようです。
中目黒のGTタワーという、行政機関があるという土地柄からか、
高齢者の方が多かったように思います。

最近立地に関して考えるようになったのですが、
場所によってどういた年齢層が訪れるのか?は、
非常に重要なポイントですよね。

高齢者の人たちにとっては、カフェよりバールという形態のほうが、
気軽に立ち寄れそうな気がします。
カフェってどうしても年齢や性別で絞られてしまいそうですが、
バールのほうが、多くの年齢層、男女共に開かれているというか。
ちょっと感覚的な話になってしまいましたが。

今のところ開業する店はバールという方向は考えていないのですが、
こういったお店もしっかり勉強しておきたいと思います。
勉強するならやっぱり本場に行くべきかな?
時間のある内にぜひ一度は!と思う今日この頃です。

BAR DEL SOLE(バール・デルソーレ) - 中目黒
http://www.delsole.st/store_info/nakameguro/index.html
http://r.tabelog.com/tokyo/A1317/A131701/13109933/
http://rp.gnavi.co.jp/5909708/

※カフェオープンまでがんばれ!と応援いただける方は、ボタンをポチッとお願いします。
皆さんの応援でますますやる気がでてきます!

にほんブログ村 グルメブログ カフェへ
にほんブログ村

2011年5月24日 (火)

照り焼きチキンのライスボール - スクールでの実習

前回の鶏肉のポワレのアレンジで、
照り焼きライスボールを作りました。

鶏肉のポワレを作って、そこに書けるテリヤキソースを作ります。
照り焼きソースのレシピはこんな感じです。

(1人分)
・醤油 25cc
・みりん 30cc
・上白糖 10g
・赤ワイン 50g
・おろし生姜 適量
・片栗粉 適量
・水 適量

今回は料理酒の代わりに赤ワインを使用しました。
これでコクと香りがぐっと増します。

まずは、みりんとワインを火にかけ、アルコール分を飛ばします。
熱していくと、ボッと火がつきますが、あわてずおさまるまで待ちます。
これでアルコールが飛ぶので、醤油と砂糖を入れて熱します。
醤油の香りを損なわないように、ここからはむやみに熱しない。
このなかに、水溶き片栗粉を入れます。
水溶き片栗粉は、ダマにならないように注意します。
入れるタイミングは、沸騰してからではなく、沸騰する直前に入れるといいとのことです。

好みのトロミになるように、片栗粉の量を調整しながら煮詰めていきます。
これで照り焼きソースは完成!

お皿にごはんを盛ったら、そこに照り焼きソースをかけていきます。
これ、ポイントです!
ごはんとソースがちゃんと絡まないと味も台無し、
ちゃーんとソースを絡めることを忘れないように、とのことでした。

その上に、ざく切りにしたサニーレタスと鶏肉をのせ、
照り焼きソースをかけていきます。
あしらいとしてトマトをのせたら完成!
ちょっとジャンキーだけど、と先生がマヨネーズをかけていたので、
まねをしてマヨネーズを振ってみました。
照り焼きソースにマヨネーズ、大好きです!

僕が作った照り焼きチキンのライスボール

下が先生の作られたものです。
マヨネーズが細く、きれいにかかってます。
それに比べて、僕のはブサイクに太い線でかかってます。
もっと思い切りよく、お皿にはみ出すくらいの勢いでかけた方がよかったみたいです。

先生が作った照り焼きチキンのライスボール

お味はというと・・・ちょっと煮詰め過ぎたみたいで、かなり濃い味でしたが、
かなりおいしかったです。
カフェ飯いっちょあがり!って感じですね。

さて、次回はぺペロンチーノに挑戦です!

※カフェオープンまでがんばれ!と応援いただける方は、ボタンをポチッとお願いします。
皆さんの応援でますますやる気がでてきます!

にほんブログ村 グルメブログ カフェへ
にほんブログ村

2011年5月23日 (月)

サワードリンク(果実酢)を作ってみよう! - 7日目

7日が経ちました!
さっそく味見してみることに。

ふたを開けると、ツーンとした酢のにおいはまだするものの、
漬け込んだブルーベリー、キウイのにおいがしっかりします。

グラスにそれぞれのサワードリンク(果実酢)を注いで、氷と5倍量のソーダで割ります。
うん、色は非常にいい感じ!

ブルーベリー、キウイのサワードリンク(果実酢)

飲んでみると・・・
おいしい!!!
ブルーベリーはさっぱりした味、
キウイはほんのりと甘みが口に広がります。

もう少しブルーベリーは漬けておいてもいいのかも、と思うものの、十分なおいしさです。

これは本当に簡単にできてオススメ!
今度はグレープフルーツやバナナ、ラズベリーなどで試してみよう!!!

※カフェオープンまでがんばれ!と応援いただける方は、ボタンをポチッとお願いします。
皆さんの応援でますますやる気がでてきます!

にほんブログ村 グルメブログ カフェへ
にほんブログ村

2011年5月22日 (日)

サワードリンク(果実酢)を作ってみよう! - 6日目

6日が経過しました。
今日の夜で7日が経過します。
夜には少し飲んでみようと思います!

楽しみです!

サワードリンク(果実酢):6日目の様子

ブルーベリーはもう飲めそうです
※ブルーベリーはもういつでも飲めそうな雰囲気!

※カフェオープンまでがんばれ!と応援いただける方は、ボタンをポチッとお願いします。
皆さんの応援でますますやる気がでてきます!

にほんブログ村 グルメブログ カフェへ
にほんブログ村

チキンのポワレ - スクールでの実習

実習で作った2つ目のメニューがチキンのポワレです。
加熱調理をここで学ぶというわけです。
僕自身の覚書のためにも、細かく書いていきます。

まず、ポワレというのは、「焼く」という意味らしいです。
その言葉通りに、鶏肉をフライパンでじっくりと焼いていきます。

鶏肉の下処理はいろいろとあるようなのですが、
(たとえば、肉の厚さを整えるために、厚い部分を開いていくとか)
今回は残っている白い筋の部分だけをとることに。

その後、まんべんなく塩・コショウを振っていきます。
この間にフライパンを温めておきます。
十分に温まったところで、油を適量いれ、鶏肉の皮の部分から低温で焼いてきます。

フライパンに鶏肉を入れるときのの注意として、ちゃんと皮を伸ばしておくこと。
どうしても焼き縮みが起こるので、ということでした。

焼き始めたら、皮がカリッと仕上がるように、トングで軽く押さえていきます。
ブルブルっと震える感覚があれば、そこはフライパンに接していない部分。
重点的に押さえて、しっかり焼いていきます。
皮から出てくる油は、こまめに捨てます。
※フライパンに接していない部分があると、しっかり油が抜けず、
 ベトッとした感じになるので、しっかり押さえておくことが重要です。

油が出なくなってきたら、少し火を強めて、皮に焼け目をつけます。
焼き色が十分に付いたら、裏返して、ざっと焼いていきます。
少し焼き目が付いたらそれでOKとのことです。

この後、200度に熱したオーブンに入れて2~3分加熱。
(家ではフライパンにふたをして焼くというのでもよいとか。)

取り出したら金属製の串を刺し、数秒、あごの下で温度を確認。
(どこでもいいのですが、あごの下にあてる人が多いそうです。)
熱っ!というくらいになっていれば十分に火が通っているということらしいです。
また、串を抜いたところから出てくる汁の色が透明ならOK、
肉の弾力なんかも見て、判断するそうです。

その後、アルミフォイルで包み、4~5分休ませます。
熱いままだと、肉汁が出てしまい、パサパサになるからだとか。

 

さて、これで完成したのがこちらです!
ハーブのサラダを添えています。

僕が作った鶏肉のポワレ

なかなかうまくできたと思うのですが、
皮の部分にへこみがあり、ちょと油が残ってしまっているね、と指摘をいただきました。

先生が作られたのはこちら。
やっぱり盛り付けもお見事です。

先生作、鶏肉のポワレ

単位フライパンで焼くだけかと思っていたポワレも、
おいしく作るコツは各所にあるようです。
確かに、皮の部分はパリパリに仕上がり、ナイスな食感でした。

調理途中の写真があればよいのですが、なにぶん授業中で、
必死に調理しているので、完成写真だけでお許しください。

この後もう一品、照り焼きソースを使ったライスボールを作りました。
こちらもあらためてご紹介します!

※カフェオープンまでがんばれ!と応援いただける方は、ボタンをポチッとお願いします。
皆さんの応援でますますやる気がでてきます!

にほんブログ村 グルメブログ カフェへ
にほんブログ村

2011年5月21日 (土)

サワードリンク(果実酢)を作ってみよう! - 5日目

まる5日経過しました。
もうあんまり大きな変化はないようですね。
日々少しずつ色は濃くなってきているのかもしれませんが・・・

もう飲んでみようかな?という気持ちを抑えて、あと2日我慢しようと思います。

サワードリンク(果実酢):5日目の様子

キウイは良い黄色に
※キウイは良い黄色になってきた感じがします!

※カフェオープンまでがんばれ!と応援いただける方は、ボタンをポチッとお願いします。
皆さんの応援でますますやる気がでてきます!

にほんブログ村 グルメブログ カフェへ
にほんブログ村

まるさんフーズ - 中目黒

すでにブログを書き始めていますが、
サワードリンクを作ってみようというきっかけをくれたのがこちらのお店、
中目黒のまるさんフーズさんです。

どこでランチを食べようか迷っているときに、このお店の前を通り、
目に留まったのが果実酢を使ったドリンクメニューでした。

過去に一度だけランチに行ったことはあったのですが、
果実酢はオーダーしなかったので、
一度飲んでみようと、お店にお伺いしました。

お店には、ずらりと果実酢などを漬けた瓶が並んでいました。

入り口付近に果実酢などを漬けた瓶が

カウンター付近の様子

さっそくラズベリーの果実酢ソーダ割り(580円)を注文。
すっぱすぎず、甘すぎず、すっきりしたのみ口でぐいぐい飲めました!

ラズベリーの果実酢ソーダ割り

注文を聞きにくれた際、店員さんに「すべてお店で漬けているのか?」と聞くと、
「そうです。意外に簡単にできるんですよ。」とミツカンのホームページの存在を教えてくれました。

ミツカンさんのホームページはこちら。
http://www.mizkan.co.jp/k-plus/cooking/kind/kind05.html

こちらには、まるさんフーズさんの記事もあります。
http://www.mizkan.co.jp/company/newsrelease/2009news/090430-00.html

実家で、母親が梅酒を漬けていたことがあったので、
梅以外にも様々な果実酒を漬けることができるというのは知っていましたが、
果実酢も家で簡単にできるとは!

酢って、体にいいものですよね。
これにフルーツを漬け込んで、自家製の果実酢を作る、
ヘルシーで、なんかメニューにあると女の子にも喜ばれそうじゃないですか!

そんな感じで僕もサワードリンク作りに挑戦することにしたのでした。
さてさて、まるさんフーズさんに負けないおいしい果実酢はできるのか?
結果は、「サワードリンクを作ってみよう!」という記事で発表です!

まるさんフーズ - 中目黒
http://www.marusan-web.jp/
http://r.tabelog.com/tokyo/A1317/A131701/13092059/
http://www.hotpepper.jp/strJ000805590/

※カフェオープンまでがんばれ!と応援いただける方は、ボタンをポチッとお願いします。
皆さんの応援でますますやる気がでてきます!

にほんブログ村 グルメブログ カフェへ
にほんブログ村

サワードリンク(果実酢)を作ってみよう! - 4日目

4日がたちました。

キウイのほうも氷砂糖は完全に溶けたうようです。
その他は大きな変化は見られないようです。
このまま、一週間経過するまで待っていればいいだけかな???

サワードリンク(果実酢):4日目の様子

4日目のキウイの状態
※キウイも完全に氷砂糖は溶けたようです。

※カフェオープンまでがんばれ!と応援いただける方は、ボタンをポチッとお願いします。
皆さんの応援でますますやる気がでてきます!

にほんブログ村 グルメブログ カフェへ
にほんブログ村

2011年5月20日 (金)

ANALOG CAFE/LOUNGE TOKYO - 恵比寿

今回は、恵比寿のANALOG CAFEさんです。
まったく予備知識なくおうかがいしたのですが、
こちら、渋谷のastral lampやattic roomといったカフェを手がけた五味さんがオーナーなのですね。
現在通っているスクール、レコールバンタンの講師としても今後来られるはずです。

このカフェ、恵比寿の駅前からすぐのビルにあるのですが、
2階はちょっといかがわしいお店(^^;)
なんとなく階段を登って行くのがためらわれるのですが、気にせず4階へ。

ANALOG CAFEへの入り口はこんな感じです
※入り口はこんな感じなのです。(こことは別にもうひとつ入り口があるようです。)

案内にしたがって4階へ
※案内にしたがって4階に急ぎます(笑)

店内はというと、非常にいびつなつくりです。
この辺の話は、以下のページが詳しいのでご参照ください。

http://allabout.co.jp/gm/gc/219347/

まず入ったところはソファーの並ぶラウンジ。
そこから奥に入ると、雰囲気がいっぺんした和の空間へ。
上記ページにあるようにこのカフェ、2つのビルをまたがっているんですね!

ソファーの並ぶラウンジはこんな感じ

ソファー席に陽が射し込みいい感じです
※ソファー席はこんな感じです。
 天気がよかったので、陽が射し込んで気持ちよかったです。

そして、物件を決めたときに「本当に、この場所でいいんですか?!」と、
不動産屋に確認されたという逸話が書かれていますが、
果たして、五味さんはこのいびつな物件を見られたときに、
瞬時に完成イメージが浮かんだのでしょうか?
もしくは、なんかいけそう!というインスピレーション?

今後物件選びで、何もないがらんとしたスペースを見たとき、
これは!というひらめきを僕はもてるのか?
このあたり非常に不安な点です。
五味さんが講義にこられたときには、このあたりじっくり聞いてみたいと思います。
それまでの準備として、たくさんのカフェを見て、
自分の店のイメージを固めておくという準備はしておこうと思います。

さてこの日、お店はキッチン1人、ホール1人の2名で回されていたようです。
客層は、少し年齢層が高いような気がしました。
さらに1人でこられている方が多かったような。
2階のお店のおかげで、なかなか一見さんには入りづらい雰囲気ですし、
リピーターが多いのでしょうか?

あれやこれや、聞いてみたいことはたくさん!
今から五味さんの授業が非常に楽しみになった1日でした。

ピリ辛豚肉の韓国風焼肉丼
※この日いただいたのは、ピリ辛豚肉の韓国風焼肉丼です。

ANALOG CAFE/LOUNGE TOKYO  - 恵比寿
http://www.atticroom.jp/analog/
http://r.tabelog.com/tokyo/A1303/A130302/13049943/

※カフェオープンまでがんばれ!と応援いただける方は、ボタンをポチッとお願いします。
皆さんの応援でますますやる気がでてきます!

にほんブログ村 グルメブログ カフェへ
にほんブログ村

2011年5月19日 (木)

サワードリンク(果実酢)を作ってみよう! - 3日目

果実酢を漬けて3日経過です。

ブルーベリーの方は完全に氷砂糖もとけて、大きな変化はないようです。

サワードリンク(果実酢):3日目の様子

キウイは、ますます黄色が濃くなってきているようです。
氷砂糖はまだ底に少しとけ残っています。
ちょっと果実が崩れてきているようなのですが、腐ったりはしないよね?

キウイはかなり黄色が濃くなってきました

もう飲めそうな気もしますが、1週間経つまでがまん、がまん・・・。

※カフェオープンまでがんばれ!と応援いただける方は、ボタンをポチッとお願いします。
皆さんの応援でますますやる気がでてきます!

にほんブログ村 グルメブログ カフェへ
にほんブログ村

2011年5月18日 (水)

ビタミンカフェ - 中目黒

今日はどのカフェに行こうかと、
あてもなく中目黒の目黒銀座を歩いていました。
以前から存在は知っていたのですが、
女の子っぽい雰囲気に入るのをためらっていた
ビタミンカフェさんにお邪魔することにしました。

入り口の雰囲気からもカワイさが漂っています

名前が示すとおり、ビタミン満点!な野菜を使った食事や、
薬膳酒をだされるお店です。
店内はビタミンカラー(?)のかわいい家具や雑貨に囲まれた、
10席程度のこじんまりしたお店です。

器類が並ぶ出窓からはやわらかい陽射しが

ランチに行ったときは、1人の店員さんが切り盛りされているようでした。
非常に感じのよい方で、私の持っていたカメラを見て、
私も最近デジタル一眼買ったんですと、気軽に声をかけてきてくださいました。
こういうのってなかなかできないですよね。
1人で行っていたりするとちょっと嬉しくなったりします。

さて、この日いただいたのは、特製ハヤシライス。
スープ・ドリンク付きで1000円でした。
色とりどりの野菜のサラダが添えられていて、
見た目も華やかな感じですね。
ごはんは玄米ごはんでした。

玄米ごはんの特製ハヤシライス

ランチタイムは14時までの営業。
夜からの営業に向けて、17時までいったんお店は閉じられているようです。
これも少人数でまわしていくためのひとつの方法かも知れないですね。

夜にもプレート系のメニューがあるので、
女性が1人で入るのにもいいかもしれません。
普段使いできるカフェってなんかいいですよね。
親しみやすい店員さんもいて、非常にオススメです。

ビタミンカフェ - 中目黒
http://v-cafe.jp/
http://r.tabelog.com/tokyo/A1317/A131701/13096787/

※カフェオープンまでがんばれ!と応援いただける方は、ボタンをポチッとお願いします。
皆さんの応援でますますやる気がでてきます!

にほんブログ村 グルメブログ カフェへ
にほんブログ村

サワードリンク(果実酢)を作ってみよう! - 2日目

さて2日目の状況です。
そんなに大きな変化はないですが、
ブルーベリーはより色濃くなってきています。

サワードリンク(果実酢):2日目の様子

▼こちらが昨日の状態。色の変化、わかるかな???
1日目と比べると、かなり色づいています

※カフェオープンまでがんばれ!と応援いただける方は、ボタンをポチッとお願いします。
皆さんの応援でますますやる気がでてきます!

にほんブログ村 グルメブログ カフェへ
にほんブログ村

2011年5月17日 (火)

サワードリンク(果実酢)を作ってみよう! - 1日目

サワードリンクを漬けてから1日後の状況です。
現在は、このような感じです。

サワードリンク(果実酢):1日目の様子

ブルーベリーはほんのり果実の色が染み出しているのがわかります。

ブルーベリーからは、果実の色が染み出してきています

1日ごとに軽く振ったほうがよいとのことなので、
軽く振ってみると・・・

ブルーベリーの瓶を振るとほんのり紫色に

ブルーベリーは全体を薄紫に染めました!
キウイは、あまり色付きがわからないのですが、
心もち黄色が濃くなっているようです。

まだ底には氷砂糖が残っています。
一週間後には完全になくなるのかな???

※カフェオープンまでがんばれ!と応援いただける方は、ボタンをポチッとお願いします。
皆さんの応援でますますやる気がでてきます!

にほんブログ村 グルメブログ カフェへ
にほんブログ村

Cafe Apres-midi(アプレミディ) - 渋谷

スクールの授業の中で、カフェのトレンドの講義があったのですが、
その中で、カフェ文化のパイオニア的存在ということで、
渋谷のアプレミディさんが紹介されていたので、先日行ってきました。

おそらく、カフェ好きな人はここはご存知でしょう。
アプレミディさんが出店されているビル自体、カフェビルとして有名なそうです。

店内はアンティーク調の家具を並べた落ち着いた雰囲気です。
なるほど、このお店の影響で以降のカフェが同じように、
アンティーク調の家具を用いた内装を施したものが増えているのか。

とてもよい空間だと思うのですが、
いまからこのお店と同じような内装で店舗を作っても、すでに後発。
何か特徴を出せないと、単なるマネに終わってしまうよなぁ・・・などと考えてしまいました。

ランチメニューもパスタランチで1000円オーバー。
1000円を超えるというのはちょっと抵抗を感じてしまうのは僕だけでしょうか?
まあこのお店の場合、その金額を払ってでも、という価値があるんですよね。
場所も場所ですし、この辺の値付けのバランスも難しそうですね。

パン・プレート
※パン・プレート。こちらは1000円以下で食べられます。

とにもかくにもカフェ文化を作ったパイオニア。
十分に参考にさせていただきます!

Cafe Apres-midi(アプレミディ) - 渋谷
http://r.tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13004498/

※カフェオープンまでがんばれ!と応援いただける方は、ボタンをポチッとお願いします。
皆さんの応援でますますやる気がでてきます!

にほんブログ村 グルメブログ カフェへ
にほんブログ村

2011年5月16日 (月)

サワードリンク(果実酢)を作ってみよう! - 0日目

開業するならドリンク系にはこだわりたいと思っています。

ドリンクの中でもビールとか、カクテルとか。
目玉にしたいなぁと今漠然と考えているのは、リキュール類です。
かなりバリエーションも豊富ですし、女性にも飲みやすい。
さらに、果物を使ったドリンクをそろえられればなぁと思っています。

先日、まるさんフーズさんというカフェに行ってきました。
(こちらは後日紹介します。)
そこでは、自家製果実酢を出されているのですが、
お邪魔したとき、いろいろとお話を聞かせていただき、
ミツカンさんのホームページに作り方が掲載されていますよ、ということだったので、
ミツカンさんのホームページを参考に、挑戦してみました!

詳しいレシピ、その他のレシピはこちらに
http://www.mizkan.co.jp/k-plus/cooking/kind/kind05.html

こちらには、まるさんフーズさんの記事もあります。
http://www.mizkan.co.jp/company/newsrelease/2009news/090430-00.html

今回使用するのは、キウイとブルーベリーです。
キウイは2種類をひとつづつ皮をむいて輪切りに、
ブルーベリー100gはしっかり洗ったあとに水気を切って。
あとは、ミツカンさんのりんご酢200ml、氷砂糖200gを瓶詰めします。

これで1週間ほど冷暗所に置けば完成とのことです。

漬けて1時間目の状態がこんな感じです。
氷砂糖がすでに溶けはじめているようです。

サワードリンク(果実酢):1時間後の様子

さてさて、これからどのように変化していくのか、
完成までの1週間レポートしてみたいと思います!

※カフェオープンまでがんばれ!と応援いただける方は、ボタンをポチッとお願いします。
皆さんの応援でますますやる気がでてきます!

にほんブログ村 グルメブログ カフェへ
にほんブログ村

コールスローサラダ - スクールでの実習

スクールの実習で初めて作ることになったのはコールスローサラダです。
包丁を正しい姿勢で構えて、同じ大きさで切っていく。
これだけのことなのですが、初めてなのでかなり緊張です。

包丁を持つ手は、体から45度の角度。
まな板に対して体を45度開いた位置でたつと、包丁の位置はまな板に対して垂直に。
(言葉で書いてもわかりズらいですね(汗))
食材をき切る際は、包丁の背を見下ろすようにし、押し出すように切ること。

恥ずかしながら、今まで包丁は真下に押し付けるように切っていました。
実際に斜め前に押し出すと・・・すーっと切れていきます。
これだけで、おーっ!って感じです。

とはいえ、なかなか等幅に切るというのは難しく、
どうしても太いものやら、細いものやらごちゃ混ぜに。
細いものといっても、講師の先生が作られて物と見比べると、まだまだ太い・・・

とにかくひたすら切り続け、できたものに塩をふりかけ、
しばらくしたから、水分を切って出来上がり!
同時に作っていた自家製マヨネーズとあわせて完成です。

で、こんな感じです。

僕が作ったコールスローサラダ
※携帯でとったので、ぶれぶれでよくわかりませんが・・・

ははは。かなりブサイク。
先生が作られたのはこんな感じです。

先生が作ったコールスローサラダ。盛り付けも見事

コールスローだけでもなんとなく高級感が!
やっぱり盛り付けって超重要ですね。

完成後はみんなで試食。
同じレシピで作っているはずなのに、
振りかけた塩の量の違いなどで、味がまったく違います!
僕が作ったものは、塩が少なすぎたようであんまり味がしませんでした。
先生いわく、「塩は多すぎれば、水で流せばいいし、少し大目ぐらいがいいかもね。」
とのことでした。

とまあ、こんな具合で少しづつ料理の練習もしております。

次回は、加熱調理ということで、鶏肉のポワレです!

※カフェオープンまでがんばれ!と応援いただける方は、ボタンをポチッとお願いします。
皆さんの応援でますますやる気がでてきます!

にほんブログ村 グルメブログ カフェへ
にほんブログ村

2011年5月15日 (日)

SUZU CAFE - 渋谷

朝から渋谷に用事があったので、
たまたま通りかかったSUZU CAFEへ。

けっこう大箱のカフェなので、僕が今イメージしているような店舗とは違うと思いますが、
とにかくいろんなカフェを見ておきたいので立ち寄ってきました。

さすがに大箱のカフェですね。
店内は二つに仕切られていて、席もゆったり配置されています。
僕が座ったところからはすべて見渡せませんでしたが、ホールには2~3人の店員さんが。
キッチンの状況はまったく見えませんでしたが、そこそこの人数が働かれているのでしょうね。

ずらりと席が並んでいます

平日だったにもかかわらず、12時を過ぎるとほぼ満席になっていました。
客層はやはり女性客中心。量は男性にとっては少な目かな・・・

ワタリガニのトマトクリームパスタ
※ワタリガニのトマトクリームパスタ。かにみその味が濃厚でおいしかったです。

夜も深夜まで営業されており、メニューも豊富にそろっているようですね。
こういった夜も営業されているお店が、夜はどのようなメニューで営業されているのか?
一度見に行かないとなぁ。

SUZU CAFE - 渋谷
http://www.completecircle.co.jp/suzu/
http://r.gnavi.co.jp/a288600/
http://r.tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13018959/

※カフェオープンまでがんばれ!と応援いただける方は、ボタンをポチッとお願いします。
皆さんの応援でますますやる気がでてきます!

にほんブログ村 グルメブログ カフェへ
にほんブログ村

2011年5月14日 (土)

焼きカレー - 料理に挑戦!

初回のスクールで包丁の持ち方、食材の切り方を習ったので、
たくさん食材を切ってみたく、細かく食材を切る必要のあるメニューを探していました。

まずはキャベツを千切りにし、ひたすらお好み焼きにしていました(笑)
さすがに毎日食べられるわけでもないので、次はハンバーグ。
玉ねぎのみじん切りの練習です。

この辺は過去にも作ったことがあったので、どうせなら今後に生かせるものを・・・
そこで目をつけたのが「焼きカレー」です。
玉ねぎやにんじんをみじん切りにすることと、
カレーをレパートリーに入れておくことは、
今後メニューを考える時にも役立つかな?と思い挑戦してみることに。
「焼きカレー」ってちょっとカフェのメニューとしてよさそうじゃありませんか?

さて、レシピは以下のYahoo!レシピを参考にさせていただきました。
http://recipe.gourmet.yahoo.co.jp/E704091/

カレーをルーからではなくカレー粉から作るのってはじめてです。
このときいろいろ調べたのですが、カレー粉をイチから調合するのも楽しそうですね。
とはいえ、いきなりスパイスの調合からっていうのはハードルが高すぎる。
今回は素直にカレー粉を買いに行きました。

そのほか、土しょうが、にんにくは他に使い道が浮かばなかったので、今回は省くことに。
(あった方が香りや、味にアクセントがついていいのでしょうね!)

あとはレシピに沿って作るだけ。
みじん切りの状態など写真を撮っておけばよかったのですが、
作ることに必死だったので、残念ながら写真は残っていません。
まだまだお見せできる代物ではないですし(^^;)

だいたい完成までに30分くらいかかったでしょうか?
最後はトースターがないのでオーブンレンジへ。

で、できたのがこれです!

ちょっとごはんがぱらぱらになったけど…焼きカレーです
※アップでごまかしています。すみません。

やっぱり器も大事ですね。なんか雰囲気がでない・・・
焼きカレーに合いそうなものがなかったのが残念。
さらに、色どり用のパセリ。これもあるとないとではぜんぜん違いますね。

お味の方は・・・カレー粉を使ったからなのか、なんだか急に本格的になった感じです!
ただ、ひとつ失敗だったのは・・・カレーが乗っていないご飯部分が
オーブンレンジの熱のせいでパサパサに・・・
カレーをご飯全体にかぶせるようにした方がいいみたいですね。
(加熱する時間を調整すればよかったのかも。)

でもまあ、一回目としては上出来としましょう!

皆さんもよければ作ってみてくださいね。
案外簡単においしい焼きカレーができるものですよ。

※カフェオープンまでがんばれ!と応援いただける方は、ボタンをポチッとお願いします。
皆さんの応援でますますやる気がでてきます!

にほんブログ村 グルメブログ カフェへ
にほんブログ村

2011年5月13日 (金)

HI.SCORE Kitchen - 渋谷

カフェのご飯って、がっつリおなかいっぱいに、というものは少ないと思います。
男性だとちょっと物足りないかなぁ、って感じることも。

さて、今日はどこのカフェに行こうか?と思っているときに、
「おなかいっぱいになれるカフェ」というのを見つけました。

JR山手線の線路沿いに、渋谷から恵比寿方面に向かい、
一本筋を入ったところにある「HI.SCORE Kitchen」。
看板を見ると、ご飯の大盛りは無料、さらにグラタンの大盛りも無料とか。

看板に、グラタンも大盛り無料と!

グラタンの大盛りに引かれて、ミートソースとチェダーチーズのグラタンを注文。
出てきたのがこちらです!

ミートソースとチェダーチーズのグラタン。かなりの大きさです

写真ではわかりにくいですが、通常サイズの1.5倍以上はあったのではないでしょうか?
味はもちろん、看板に偽りなし!ボリューム満点です。

しかも、+100円でお惣菜とスープ食べ放題ののおかずビュッフェを付けることも。
お惣菜は3品並べられていました。

さて、このおかずビュッフェ、ほとんどの方が注文されているように見受けられましたが、
これもひとつの営業上の工夫なのかも。

この日お店はホール1人、キッチン1人で回されているようでした。
席数は40席弱席くらい、2人でまわすのはちょっと厳しい席数。
注文から提供まで時間がかかってしまいそうなのですが、
このビュッフェがあるので、待ち時間がそれほど気にならないようになっているのでは?
しかも単価アップにも貢献している?

カウンターに並ぶおかずビュッフェ
※カウンターの上に並べられているのがおかずビュッフェです。

他にもスープやサラダを先に出して、というお店は良くありますが、
こういう方法で待ち時間を紛らわせてしまうのもありですね!

今日はがっつりご飯をたべたい!というときには、また行きたいお店です。

※この日、HI.SCORE Kitchenさんの下の階では、
 オープン直前のカフェが最終の準備をされているようでした。
 オープンを控えてどんな状況なのか非常に興味津々で覗きこませていただきました。
 あらためて、こちらのお店にも伺わせていただきたいと思います。

HI.SCORE Kitchen - 渋谷
http://hi.score-kitchen.com/

http://www.hotpepper.jp/strJ000717382/

※カフェオープンまでがんばれ!と応援いただける方は、ボタンをポチッとお願いします。
皆さんの応援でますますやる気がでてきます!

にほんブログ村 グルメブログ カフェへ
にほんブログ村

2011年5月12日 (木)

カフェスクールのお話 - レコールバンタン・キャリアカレッジ

さて、だいぶと後回しになりましたが、
4月からカフェスクールに通っています。

店を始めるといっても何からはじめればよいのか?
もちろん本やwebで調べることもできますが、
それだけでは得られないものがあるだろうと思って入学することにしました。

入学は3月末に決めたのですが、4月始まりのスクールだったので、
もう少し遅いと、入学タイミングを逃してしまうところでした。
もうひとつ別に検討していたスクールは随時入学可能なところだったのですが・・・
スクール入学を考えられている方は要注意です!

入学したのは、レコールバンタン・キャリアカレッジのカフェコース。
http://lecocare.jp/course/cafe/
週に1回、火曜日に通っています。
土日のコースもあるので、これなら会社辞めずに通えたやん!!
などと思いましたが、やるなら集中してひとつのことばっかり考えたい性格なので、
ま、いいか!と自分を納得させました(笑)

今日現在、まだ3回目の講義が終了したところなのですが、
やっぱり入学してよかったなと思います。
授業料は1年間で120~130万円かかりました。
決して安いものではないです。
ですが、やっぱり同じ夢を志す仲間がいるということ、
わからなければすぐに質問できる先生方がいることは非常に心強い限りです。

さらに、このスクールは非常に実習が充実しています。
包丁の正しい握り方すら知らない僕にとっては、
基本から学べるということは非常に重要なことかと。
このあたりはあらためてじっくり書きたいと思います。

ようやく本格始動し始めた感が出てきました。
気が付けばもう5月です!
毎日無駄に過ごすことのないようにがんばろうと思う今日この頃です。

※カフェオープンまでがんばれ!と応援いただける方は、ボタンをポチッとお願いします。
皆さんの応援でますますやる気がでてきます!

にほんブログ村 グルメブログ カフェへ
にほんブログ村

2011年5月 3日 (火)

SODA cafe - 自由が丘

今回は自由が丘に行ってきました。
行き先はSODA cafeさんです。

自由が丘の駅から徒歩で数分、
九品仏川緑道沿いの落ち着いたエリアにありました。

九品仏川緑道。天気のいい日は散歩も気持ちいい
※九品仏川緑道。天気がよいと、散歩も気持ちよさそうですね。

表にはテラス席が数席と、半地下状の店中には20数席程度。
店員さんは、ホールに二人とキッチンに一人いらっしゃるようでした。

入り口からは階段で数段下におります
※ちょっとわかりにくいですが、店内から入り口をとったところです。

オープン直後の12時過ぎに入ったのですが、
すぐに数組のお客さんが来店されていました。

この日いただいたのはタコライス。
スープ、ドリンク、杏仁豆腐のデザート付きで990円!
プレートには、サラダとキッシュなど、見た目も華やかです。

タコライスにサラダ、キッシュがワンプレートに

エスプレッソとデザートの杏仁豆腐
※エスプレッソ飲んだ後の写真で失礼します・・・

さて、このSODA cafeさん、今考えている規模とイメージが非常に近い感じです。
だいたい20席前後、たぶんこの辺が2~3人で店をまわすには限界かな?

メニューも注文してから出てくるのが非常に早かった・・・ということは、
少人数でまわせる工夫をされているんだろうな。
この辺も考えていかないとね。

夜のメニューも見せてもらいましたが、種類はやはり多くなく、
必要最低限に絞りこまれているようでした。

もうひとつ、注目していたのは、エスプレッソマシーンの口数。
こちらでは2口のものを使用されているようです。
これも、先日スクールでいろいろ勉強したので注目していました。

味は・・・まだまだわかるレベルではないですが、
しっかりした苦味もあっておいしかったです。

カウンターはこんな感じです

イメージに近いお店ということは、学ぶべきことも多そうです。
今度はぜひ夜に行ってみたいと思います。

SODA cafe - 自由が丘
http://r.tabelog.com/tokyo/A1317/A131703/13019054/

※カフェオープンまでがんばれ!と応援いただける方は、ボタンをポチッとお願いします。
皆さんの応援でますますやる気がでてきます!

にほんブログ村 グルメブログ カフェへ
にほんブログ村

2011年5月 1日 (日)

pile cafe - 恵比寿

数日前に恵比寿のpile cafeに行ってきました。
後から知ったのですが、このお店Renovation Planning社が手がけているお店なのですね。

先日、通っているスクールの講義でRenovation Planning社のことを聞いていました。
他にもいってみたいと思っているcafeがこの会社が手がけられているものです。
その他のcafeに関してはあらためて。

さて、pile cafeですが、Renovationという名のとおり、
少し古びたマンションの2階にあります。
入り口は、良く看板を見ておかないと見落としてしまうかもという感じです。
中に入っても、本当にここであっているのかちょっと迷ってしまいます。

pile cafeの入り口の看板。見逃すと気付かずに通り過ぎてしまうかも

※マンションの入り口の看板が頼りです

店内は落ち着いたソファー席メインで、少しレトロな大人びた空間です。
平日の昼間ということもあり、仕事の打ち合わせをしている人が多く見受けられました。
常連っぽい雰囲気だったので、ちょくちょく使われているのでしょうね。

ソファーでゆっくりできます

カウンターはこんな感じ

この日いただいたのは、豚ロース肉のグリル・彩り野菜のラヴィコットソース。
ラヴィコットソースなんてまったく知りませんでしたが、
「酢、食用油、野菜のみじん切りをベースとしたソースの一種」だそうです。
これだけでかなり手が込んでいる印象です。
もちろん味もGoodでした。

豚ロース肉のグリル・彩り野菜のラヴィコットソース

このcafe、フードメニューも充実しているようで、夜cafeとしても使い勝手はよさそうですね。

個人的には、いきなりここまでのお店はいきなり出店できないかな?
ただ、少し手の込んだソースなども作れるようにこれから勉強ですね。

次回はぜひ夜にいってみたいと思います。

pile cafe - 恵比寿
http://r.gnavi.co.jp/a242104/

※カフェオープンまでがんばれ!と応援いただける方は、ボタンをポチッとお願いします。
皆さんの応援でますますやる気がでてきます!

にほんブログ村 グルメブログ カフェへ
にほんブログ村

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »